僕ってどこまで〈量子的〉

三つのポータル

このタイトルに答えるには、いろいろな切り口が考えられます。

それを、時間を尺度に、過去、現在、未来の三つの切り口を設けると、それらが各々に、ひとつのポータルつまり玄関口になっていることに気付かされます。そこで、そういう三つの「局地」における、その各々での「非局地的」体験を取り上げてみます。

そこでまず、その三つのポータルのそれぞれにおいて、以下、思いつく要素をリストにしてみます。

過去

  • 淡い記憶をたどる原体験
  • 興味や好きなことって、どこからきたのか
  • 誰も教えてくれなかったのに知っていたこと
  • テリトリー意識
  • 学校体験
  • 自己の現れ

現在(近年)

  • 直観
  • セランディピティー
  • シンクロニシティ
  • 両面/両属性
  • 瀕死体験

未来

  • 重なる次第な喪失
  • 越境体験
  • 生物死
  • 非局地=大日如来
  • 量子化した自分

 

そこで、こうしたリストを基礎に、次回では、まず、「過去」のポータルから順次、述べて行きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA