さあ「ワープ」しよう;「理論人間生命学」第2原則

究極の旅としての「ワープ」

この「ワープ」とは、SF用語で、空間の歪みを利用した異次元空間旅行のことです。その「ワープ」を、この理論人間生命学は、あなたにも可能だとします。でも、そんな空想めいたことが、本当に可能なのでしょうか。

実は、私――74歳の“老人”――、先に本を出版しました。アマゾンのオンライン出版システムを利用したもので、我ながらちょっとした挑戦だったのですが、可能でした。 続きを読む

生命創造性 Life Creativity;理論人間生命学 第1原則

理論の理論たるところ

先に私は、『自‘遊’への旅』を出版しました。そしてここに、それにつなげて本稿を書こうとしています。つまり、先書をそのイントロとして、この「理論人間生命学」への発展があります。

こうして、タイプやねらいの異なった著述を、ひとつの体系に持ち込んでくるというのは、手法としては順当ではないでしょう。しかし、この異例なアプローチこそが、この「理論人間生命学」のユニークさを表しています。 続きを読む

「両生学/論」から「フィラース Philearth」へ

人生の《意味》を紡ぐ系譜


「人生は旅路」とは、あまりに言い古されたフレーズですが、それは人生の妙味をうまく言い表しています。つまり、人生あるいは一人間の生命活動には、《移動》という行為とそれのもたらす環境の変化が、決定的に重要な働きを及ぼします。そもそも、人の成長自体が、この行為を伴わないではなされません。

この新サイトの設置までの経緯も、まさしく、その《移動》に啓発されたものです。 続きを読む

これが新サイトです

お待たせいたしました。本日、この新サイトをリリースいたしました。これまで、長く読者の皆様に親しんでいただきました『両生歩き|人生二周目、ポスト還暦』の次世代版です。旧サイトに引き続き、皆様のご拝読をいただきたく、ご案内いたします。

ご覧いただいておりますように、新サイトは、地球とそして宇宙を意識した、これまでとは異次元の世界に船出して行こうとするものです。そこでその愛称を『フィラース 続きを読む

「フィラース Philearth」とは何か

この言葉の起こりは、ほぼ半世紀前にさかのぼります。1960年代半ば、私がある工科系大学の土木工学科で学んでいた際――まだ19歳の末――、学科内に、学術サークルと学生自治会とを混ぜこぜにしたような組織、「土木学生会」の設立にかかわりました。その時、会の雑誌を設けるにあたり、そのタイトルを「フィラース Philearth」と定めました。

それが発端なのですが、それは、哲学の 続きを読む