8万年間の宇宙の旅

帰還に成功した「はやぶさ2」が旅した52億キロを、僕の運動の標準ペースであるキロ8分で走ると、約8万年を要する計算となる。

8万年間の宇宙の旅と言えば、僕にとっては、むろん途方もないもので、生身の尺度では実現し難い「運動」である。

これを人生80年とすると、1000回の輪廻転生という「繰り返し」、あるいは、1000人が次々とリレーする「伝授」と見れる。

今の時点ではまだ未回収だが、その長旅を終え、南オーストラリア州の砂漠のどこかに舞い降りているそのカプセルは、わずか直径40センチの円錐状の“容器”という。

片やの科学技術上のそうしたリアリティと、他方の想念上のそんなイメージという両端を見やりながら、その両端を底辺とする三角形を描くように、己(おのれ)という生命の所産を受け止めている。

【初期の更新には計算の誤りがありました。お詫びして訂正いたします。】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA