私を“生体実験”する

実験台としての私」と題する記事を、来たる10月22日号の『両生歩き』に掲載します。

そのように、自分を「実験台」としつづける覚悟ができたところで、「セルフ生殖社会」のメンバーの資格ができたのかも、と考えています。

四分の三プロジェクト」などと、この先の「四分の一」に取り組むジイさんが、「生殖」うんぬんなどとは普通の話ではないでしょう。

というのは、残り「四分の一」後に間違いなく到達する“境界”について、それを「架橋」のチャンスととらえ、ゆえにそれを、「誕生」と考えたいがゆえです。

これが、本サイトのヘッドに流れるメッセージにある《逆誕生》です。

以上のように述べると、先に投稿された「地球女子K」さんからは、「セルフ生殖」って、アンチエイジング用語じゃありません、と指摘されそうです。

「はい、その通りです」。

そうなのですが、自分を実験台にのせ、自分をサンプルにして、それを観測、描写してゆくという姿勢は、「地球女子K」さんと同じはずです。

そして、だからそこでは、「老若共闘」も「架橋」もできるのではないかと思います。

そういう意味で、「セルフ生殖社会」とは、現役世代も退職世代もそして寸前世代も含む、とても生産的でユートピアな社会のはずです。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA